子育てママさんのための安心な駆除方法||||

sp_main

即効性で選ぶならバリア工法

シロアリ退治の最大の近道がバリア工法です。専用の薬剤を散布することで駆除をしていくというオーソドックスな方法で、シロアリが薬剤に触れるとすぐに死んでしまうため高い即効性があります。しかし、薬剤は元々揮発性で、人間の皮膚から体内に入る可能性があります。そのため、子どもやペットへ被害が及んでしまう可能性がありますし、地面から30センチの距離までしか薬剤が届かないためにシロアリの巣を全て駆除することはできないことを頭に入れておきましょう。

バリア工法の流れ

シロアリ退治では、床下から作業を進めていくのが一般的です。洗面所にある床下点検口や床下収納庫があればそこから作業を進める場合もありますし、なければ畳の床板をカットするなどして新たに点検口を作成していきます。

床下に入る場所の確保

薬剤を散布する際、室内に専用の工具や機材を搬入する、散布用のホースを伸ばすなどの作業が行なわれるので、室内が汚れてしまいます。そのため、玄関や勝手口から床下の作業口にかけて汚さないためのシートを敷き、養生を行ないます。

養生

白蟻を駆除するための薬剤は、土台や床束、根太などの部位すべてに散布していき、場合によっては注入することもあります。また、木材用の薬剤には防腐成分や防蟻成分が含まれていますが、床下から屋内へ成分が浸透することはありません。

薬剤散布

シロアリ駆除方法の一つであるベイト工法は、薬剤を使用しません。具体的に言えば、白蟻の通り道となっている箇所にベイト剤が入っているステーションを設置するだけなのですが、このベイト剤を食べることで脱皮ができず、死滅してしまうのです。元々白蟻は餌を見つける能力に長けていて、設置するとすぐに柱を食べるのをやめて、ベイト剤へ移動を始めます。そのため、住宅への被害を迅速に食い止められますし、ベイト剤自体もアメリカの環境保護局から認められる程安全で、人間や動物が食べても影響がありません。

Back To Top